オフィスビルでの原状回復の為に工事すること

色んな店舗が入っているオフィスビルでは、年末年始の休み期間中など利用して、工事を行うことがあります。メンテナンスも必要になりますし、オフィスビルは多くの店舗が入っていますので、事前に了承を得る必要があり、原状回復の工事をする場合の案内を行う必要があります。色んな作業がオフィスビルには必要になりますので、ビル管理業者など事前に修繕積み立て費用を準備しておく必要があります。入居しているショップ、企業、会社の方へご安心頂くよう、メンテナンスは必要ですし、期間を決め、シッカリと改善して行く必要があります。地震にも強いビルであり、ヒビ等はいっていないかチェックも必要になります。事前チェックすることで、その後も安心して入居頂けますし、こうした取り組みはとても大事になります。原状回復するための工事は重要です。

オフィスにおける原状回復のための工事

アパートなどの引っ越しの場合とは異なり、オフィスが退居する際には壁・天井・床を契約時の状態に戻す原状回復の工事を完了させなければ引き渡しが出来ません。工事には通常数週間から一ヶ月程度の時間がかかります。費用は一括で損金計上されますが、坪2~10万円程度かかります。更に高層ビルなどは大手ゼネコンの指定工事になり、相場より高額な費用がかかってしまう場合もあります。大手の会社は下請け業者手配などの管理コストがかかる分割高になるのです。そして費用は原則として全額借主の負担になります。入居前に指定業者の有無を確認したり、退去の際に慌てなくて済むように予算を組んで費用を準備しておいた方が良いでしょう。指定業者がなければ数社から見積をもらって検討するのも良いと思います。価格も重要ですが、信頼できる業者を選ぶ事が大切です。

原状回復のための工事について

賃貸契約を結んでオフィスやお店などを構えている場合には、出来るだけキズなどをつけないように注意して使うことが基本的な考え方になりますが、万が一床に重い物を落として穴をあけてしまったり、壁などを破損してしまったら、原状回復のために工事をする必要が出てきます。不動産屋さんで契約をする時に注意しておくと分かるのですが、退去をして契約を解除するときには、その物件が借りたときと同じ状態であることをお互いに確認してから出ることになります。ですから、少なくとも移転を決めてそこから退去する前には工事が終わるように、逆算をしておくことが大切です。それぞれの契約書で細かな点が違うこともあるので、まずは自分の使っている物件がどのような契約でなされているか、いま一度契約書を見直して確認しておかれてはいかがでしょうか。